叶レオナofficial website

PROFILE

叶レオナ(かのう れおな)

フォーチュン・アドバイザー

タロット、占星術、オリジナル数秘術&姓名判断…
あらゆる占いを融合させ
「過去」「現在」「未来」を紐解く
メッセンジャー

詳細 >>

カレンダー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

BLOG

カテゴリ表示 : コラム(4)
私と占いの関係性
救う、とは
迫りくるものたち
「〇年に1度の」
4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )

私と占いの関係性

「占い師さんは自分で自分のことを占うんですか?」
「占い師」という職業が珍しいのか、神秘的なイメージがあるから気になるのか、初対面の人や関係の浅い人からそう訊ねられることが多いです。

答えはイエスともノーとも言えません。

なぜなら……
まず、「イエス」の理由から。
特に開運を目的とした新しい占いを確立することや実用して大丈夫そうかを確認する等の際には、ある程度の実験と検証が必要です。
しかし、その際に誰かに実験台になってもらう前に自分で身をもって効果を確認してから、安全かどうかを確認したうえで実用しています。
効果や副作用のわからないものを他人を実験台にして検証する、というのは、その人に対して失礼なことであり、無責任な感じがして私は嫌です。

そして、「ノー」の理由。

私自身、普段はそれほど占いに振り回された日々を送っていません。
月の満ち欠けやボイドタイム、惑星の移動などを考慮することはあります。
しかし、ボイドタイムだからといって誰とも連絡をとらないとか、満月の日と重なっているレセプションやパーティーに絶対参加しないとか、そういうことはしません。
ただ、参考にするだけです。
何か思いがけないことがあったとしても、急に約束がキャンセルになったとしても、「ああ、ボイドタイムだったな」とか、そんな風にライトな感覚で受け止めています。

ラッキーナンバーがあったとしても、絶対にその番号じゃないと嫌だと言って人を困らせるようなこともありません。
偶然にもラッキーナンバーが巡って来ることの方が多いですが、違うナンバーが巡ってきても「今日は×番なのね」と、受け止めるだけです。

私にとって占いは、自分以外の人のことを知り、理解するためのツールの1つに近い感覚があります。
だからといって、姓名判断の結果で仲良くなる人とそうではない人を選別するようなことは一切しません。
仮に相手に思いがけない一面を見た時に、ふと姓名判断等の結果を思い出して、「ああ、この人にはこういう要素が占いの結果の中にあったな」と思い出すくらいです。
しかし、実際と占いの結果との整合性がとれた、あるいは意外な発見があった時点で、私の頭の中にある『my占い大事典』のデータは瞬く間に追加されます。

自分自身のことに関しては、本心の純粋さと、人を信じ自分も信じる態度を大切にしています。
人は本心の部分に嘘をつけないようにできていると思っています。
本心が持つ計り知れない実現力、言い換えればエネルギーの壮大さを無視することはできません。
本心をベースに、発言、行動はなされるもので、本心を無視して表面的に取り繕うようなことをしようとすると自分の本心の部分が苦しくなったり、周りの人に違和感を与えたりすることになります。

自分の本心の中に、人を疑う心や自分以外の人を敵だと思う心が充満していたら、表面的には相手を信じて握手しようと思っても気が引けますよね?
なので、本心の純粋さを大切にしているのです。

純粋な思いと、人と自分を信じる態度を大切にしようとする信念は、人によってはとてもメルヘンチックなものであり、世の中を生きていくうえでは危険だと思われるかもしれません。
そうした危険から身を守るために、知識や知恵も必要です。
こういう点では、人生常に勉強……と、思っています。

私の家族や本当に親しい友人は、私が驚くほど占いに頼らないことを知っています。
それは、今お伝えしたような私の様子を目の当たりにしているからだと思っています。


2017-01-11 11:00:00投稿者 : 叶レオナ

救う、とは

もともと、旅に出たならとことん旅先ならではの楽しみを充実させようという発想の私ですが、最近は同じ「その土地ならでは」の楽しみであっても、その内容が変わってきたように思います。

そんな私は東京滞在中はいろんな勉強会や講演会に足を運んでいます。

そのイベントのテーマによってはですが、占い師ではないけれど、それに似た職業属性の人にお会いすることがあります。
けれど、その人たちとお話していると、「人様の心を救おうとする以前にご自身の心を救いませんか?」と、問いかけたくなる人たちが多いのはなぜなのでしょう。

おそらく、人様の心を救う技法などを習得するきっかけが「自分を救いたい」というところにあったからなのではないかと思ったのですが、どうもそれだけとは言い切れなさそうな気がして、気になっていました。

私自身、占いの世界と出会った直接のきっかけは、祖父母です。
その昔、札幌市内で農家をしていた祖父母は種まきや刈り入れを行うにあたり良い日取りを九星気学という占いによって決めていて、農家をやめても1年の運気をみるくらいには九星気学との接点を持ち続けてきました。

祖母は私の1年の運気をみるわけですが、それがなぜか当たらない。
幼い私は「どうして当たらないんだろう。当たる占いってあるのかな?」と、ぼんやりと疑問に思いました。
それから、本屋に連れて行ってもらっては子ども向け・大人向け問わずいろんな占いの本を親や祖父母におねだりしては読み漁り、その占いが当たるのかどうなのかを友達やクラスメートで検証するということを繰り返していました。

その流れがずっと続いて今に至っているようなものです。

ちなみに、祖母の占いが当たらなかった理由もわかりました。
私は立春よりも前に生まれているので九星気学のルール的には前年生まれでみるべきところを、前年生まれ扱いせずにみていたからでした。

祖母の件がなかったら、私はこうして占いの世界に足を踏み入れていなかったかもしれないですね。

さて。
私が占い師として本格的に活動を始めてから気づいたことの1つに、持ちかけられるご相談の内容が私自身も乗り越えた経験があるものだったりすることがわりと多い、ということです。
ご相談をうかがいながら頭の片隅に自分自身の記憶が蘇ってくることもありますが、そこは占い師として占いの結果をお伝えする、ということに専念しています。
しかし、ご相談にいらした方を見送った後、占い中に一時停止していた記憶が再生を始めて、乗り越えたはずの出来事を追体験することになる場合もあります。

けれど、不思議なことに、追体験中は苦しかったり葛藤したりするのですが、追体験をした後なぜかすっきりした気分になります。

もしかしたら、勉強会等でお会いした、私と似たような職業の人たちも、こういう追体験現象と格闘しているのかもしれないですね。

レスキュー関係の人と以前お話しする機会があったのですが、その人いわく、
「日ごろの鍛錬なしでは現場には立てず、現場ではまず自らの安全を確保する。自らの安全が確保されないことには、安全に人を救出することはできないから」
とのこと。

人の心に触れる職業の人にも当てはまることなのではないでしょうか。

目の前にいる悩みを抱えている人たちの列が途切れなくて、自分のことを構う時間など無い状況であっても、ほんの一瞬でも自分と向き合う時間や自分を大切にする時間を持ち続けていきたいものです。


2016-12-13 10:00:00投稿者 : 叶レオナ

迫りくるものたち

職業柄、月の満ち欠けを気にしていますが、月の満ち欠けと人の情動の関連性について実際はどうなのだろうという思いがあり、日ごろ身の回りで起こることを観察していたりします。

月の満ち欠けのことに限らず、人の名前を見れば条件反射的に姓名判断をし、生年月日を聞けばこれまた条件反射的にそのデータをもとに占いを脳内で繰り広げるというありさまで、私の家族はもう「いつものこと」と笑ってくれるようにはなりました。

さて、昨日は新月。
昨日は外出先でやたらと私の周りに人が集まって来る、寄って来る、そして避けてもぶつかる……という状態になり、しんどい気持ちになってしまいました。
混雑を避けて人のいないところに移動しても、5分も経たずに人が集まってきてしまい、ランチタイムが終わってお客様が誰一人としていなくなったお店に飛び込んだものの、そのお店もあっという間に満席になってしまうという状態でした。

もともと私自身、どんなにガラガラのお店にいても、いつの間にか人を呼んでしまうらしくお店が大盛況になるということがよくあるので慣れているのですが、特に昨日は顕著だったような気がします。

夜空に月のない昨夜は、この出来事と新月に関連があるのか、ずっと思いを巡らせていました。

そして、もしもみんなも私と同じように人がなぜか寄って来る、避けてるのにぶつかってくる……ということが起こっていたとしたら……それが事故やケガ、トラブルに発展していなければいいな、と思っていました。


何もない状態からまん丸な満月に姿を変える月は神秘の象徴であり、古くは太陽と同じく神として扱われ、その存在を崇められていました。

新月の日は「始まり」であり、「スタート」という節目でもあります。
また、気持ちが自然と前向きになりやすいタイミングでもあり、フレッシュなエネルギーに満ち溢れ始める日でもあるので、新月の日に願い事を紙に10個ほど書き出すと、その願い事は叶いやすいとも言われています。

もしかすると昨日は、みんなの気持ちが前向きになり、いろいろなことに気づきやすくなっていたから、人のいるところに目が留まりやすくなり、アクティブなモードに入ったから自然と自分の気持ちが惹かれる方へ足が向いたのでしょうか。

この答えを出すには、私の視点だけではなく多くの人の視点と、そして時間の積み重ねが必要なのかもしれません。

私の、占いと人の情動の関連にまつわる探求はまだまだ続きます。




2016-11-30 07:00:00投稿者 : 叶レオナ

「〇年に1度の」

「68年に1度のスーパームーンです」という女子アナさんの言葉に首をかしげる。
スーパームーンは年に1度ある。

最近、こういう「〇年に1度」という表現を耳にする機会が増えている。
大雨について注意を促す時も「100年に1度の大雨です」というような表現が使われる。

「〇年に1度」と表現することで、大きさや量の多さの比較を容易にする効果があると言うけれど本当なのだろうか。
むしろ受け取り方によっては誤解を生みかねないとさえ思う。

これには狙いがあり、「〇年に1度」とたとえることで人の注意を向けさせる狙いがあるという。

しかし、そういう風に言わないと注意が向かわなくなっている現状こそ危機だと私は思う。

今回のスーパームーンだって68年に1度と言われたら、みんな「おっ!」と思うかもしれない。
けれどそこで「実は5年前の震災直後のスーパームーンの方がもっと月は地球に接近して大きく見え、18年後にも今回よりももっと大きいスーパームーンが見れますよ」と、言われたらどう思うだろう。

もしかしたら、「なーんだ」と思ってしまう人もいるかもしれない。

伝え方や表現の仕方によって受け取られ方が異なるというのは、何もスーパームーンや大雨に限らず、私たちの日々の暮らしの中にも浸透していることであり、気づかないうちに私たちは多大な影響を受けているのだろう。



Synapsにもアップしましたが、月にまつわる展覧会に行ってきました。
絵巻物や屏風、掛け軸などを観ていると、ずっと昔から人々の関心を集める対象だったのだな、と思いました。

科学的な観点から月を紹介する展示はよくあることかもしれないけれど、美術や文学の観点から月に触れる展示はあまり無くて面白かったです。



2016-11-16 07:11:00投稿者 : 叶レオナ
4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )