新月の話 星占い

2020年7月21日新月のポイント

新月の話

明日、21日は新月の日です。
深夜234分、蟹座28度の位置で月は新月のピークを迎えます。

先月も蟹座での新月で、今回の新月は2度目の蟹座新月となります。

今回の新月は私たちにどのような影響を与えるのでしょうか。

ポイントをおさえてお話ししたいと思います。

 

 

新月のピーク時のホロスコープを確認すると、
月は第2室に太陽と共にあります。

2室が意味するものは
「所有」「獲得」です。

「日々の何気ない暮らし」や「習慣」も
2室が管轄するものに含まれます。

 

太陽と月は蟹座という星座にあるので、
蟹座がテーマとする「家庭」「居場所」という意味合いの影響も受けます。

 

「第2室」「蟹座」この2つを掛け合わせて考えられることは、
『自分が安心して過ごせる場所の獲得』
について、意識しやすい新月となるかもしれない、ということです。

最近、「移住」や「リモートワーク」が
メディア等で話題になっていますが、
そうした「住居」や「経済活動を得るための自宅」はもちろんのこと、

自分にとって公私共に基盤となる家で一緒に過ごす
「家族やパートナーとの関係」についても
意識する機会が訪れるのではないかと思われます。

 

前回の新月の際には、
『特別な人』『特別な他者』
というキーワードを挙げています。

621日からの1ヶ月、特別な人との距離感や関係性について
考えることが多かった人もいるかもしれませんが、

今回の新月を機に、相手を軸としてではなく「自分を軸として」
より一歩踏み込んで特別な人との関係について
考えられるようになるのではないでしょうか。

 

自分にとって安心して過ごせる場所とは
どういう人がいて、どんな気持ちがやりとりされるのか。

自分にとって特別な近しい人に対して
日頃からどう接していきたいか(どうありたいか)。

 

誰かに与えてもらうことを受け身でただ待つのではなく、
自ら望むものを得られるように努力する姿勢で臨む、というのが、
今回の新月の力を未来を切り拓く上でのポイントかもしれません。