星占い 来週の星の話

2020年6月8日から14日までの星の話

一週間の星の話

逆行している惑星が多く、
全体的に物事の進展は緩やかに感じられそうですが、
対人関係を通して「自分とは何者か」という問いを
突きつけられることになるようです。

誰かと話していても、
相手を理解すると同時に自分と比較してしまい
言いようのない苛立ちや焦り、
嫉妬を感じてしまう場合も。

この時、苛立ちや嫉妬を
ただの一時的な感情として流してしまうことは
少しもったいない感じがあります。

8日からの一週間は
自分の足元を確認するような、
これまでの自分の歩みを振り返る時間を送ることで
気持ちの整理をつけると同時に自分の理解が進み
未来を穏やかに迎えやすくなるでしょう。

 

週の前半には
心温まるニュースが舞い込みそうですが、
目の当たりにする情報量が多くなりやすい傾向があり
必要な情報と不必要な情報が混在しているかもしれません。

人のおめでたい話などを聞いて
素直に喜べない自分がいることに気づいてしまう場合も。

週の半ばに差し掛かると
これまで薄ぼんやりとしか描けていなかった
理想の実現に向けて
時間とエネルギーを集中して注ぎたい気持ちになりそう。

この時、「こうなったらいいな」のように
淡い期待をするというよりは
「絶対に、実現してみせる」という
強い意志を掲げることになるかもしれません。

しかし、月のリズムとしては
この時期「思いを巡らせる時期」「検討する時期」に該当するので
思い立ったからと言ってすぐに実行に移すのは早いようです。

 

週末が近づくと、
冷静に物事を見つめられるようになり、
今、自分にとって必要なものとそうではないものとの
見極めができるようになりそうです。

これまで自分にとって「これは強みだ」と
認識していたものが
未来を柔軟に生きていく上で
足手まといになりそうな予感がする場合も。

これまで培ってきたものと
違う角度から向き合う機会となるでしょう。