新月の話 星占い

2020年6月21日の新月のポイント

新月の話日食ver

621日は
日食を伴うスペシャルバージョンの新月の日です。

 

新月は新しいサイクルのスタートですが
日食とセットの新月は切り替わり感が強くなります。

日本では1610分すぎから18時ごろにかけて
西の空で部分日食が見られます。


さらに、今回は
1年で一番昼の時間が長い「夏至」に起こるのですが、
これは372年ぶりの出来事だそうです。


今回の新月は色々な意味で「特別な新月」と言えますが、
私たちにどんな影響を与えるのでしょうか。

 

新月のピーク時のホロスコープを作って確認すると、
太陽も月も「かに座0度」「第8ハウス」にあります。

 

第8ハウスのテーマは
「遺産」「性的な事柄」「遺伝」など
「自分と特別な関係にある他者との深い関わり」によって
起こる
事柄ばかりです。

 

「特別な人のために自分には何ができるのか」
「特別な他者のカテゴリーに入る人たちとはどんな人なのか」
意識をしやすくなるのでは、と考えられます。

 

この時、太陽と月に対して
水がめ座にある土星が150度の角度を作っています。

土星は「試練と努力の星」と言われていますが、
成熟や落ち着きなど精神的な深みを促す星でもあります。

 

土星の影響が良い意味で働くと
自分と他者との関係に関する大きな切り替わりが
成熟の方向に向かうと考えられます。

一方、土星の影響が良くない意味で働くと
切り替わりが苦痛を伴う試練になる、かもしれません。

 

今回の新月による影響は次回の新月、
7
21日、かに座28度で起こる新月の際にも及びそうです。

今回の新月の影響を踏まえて、
次回721日の新月の時に何を決断するのか、
何を新たにしようとするのか。

 

特別な新月を機会に、
自分の心に問いかける時間を過ごしてみても良いかもしれませんね。